断言法 体験談 あなたの夢を叶える!驚くほど効果的な願望実現メソッド!
現在無料配布中♪(私が稼いだ方法)

 

みよ
みよ
みよです。

あなたは「願いを叶える」って聞いてどう思いますか?
どこかで「大人にならないと」なんて言い訳をして諦めていませんか?

それとももう気力も失せてしまっているでしょうか?

今回は、なぜか願望が叶ってしまう、潜在意識を使った驚きの方法をお伝えします。

 

PR 【無料】『ネット』に置く月15万円の自動販売機への扉

断言法 体験談 あなたの夢を叶える!驚くほど効果的な願望実現メソッド!

夢を諦めてはいませんか?みよ

いつの間にか、ただ、朝起きて電車に乗って、仕事をして、また電車に乗って帰りにコンビニにちょっと寄って、自宅に戻るとゲームやスマホをいじってご飯を食べて、お風呂入って寝る・・・ただただ、その繰り返しになっていないでしょうか?

 

それとも無職で何もする気も無く、家でゴロゴロしている?

 

みよ
みよ
みよもそんな状況の時ありましたね。

 

願望というと、「やっぱりお金!!」っていうのが真っ先にありますけどお金もモチロンだけど、それ以外のことも、「こうなったらいいな」っていう夢や願望とかありますよね?

 

願望を実現するのに「現在の状況は関係ない」というのが先人の意見です。

 

今回は、過去から現在に至るまで、ずっと使われてきた夢をかなえる方法について紹介していきたいと思います。

 

自分の中にある負のエネルギーの浄化法

 

叶えたい夢や願望があっても、自分の思いの中に負のエネルギーがあるとそれが邪魔をして夢を実現する妨げになります。

 

いわゆる「生きづらさ」を抱えるようになるのですね。

 

そういった負のエネルギーを消去してしまう方法です。

 

グルグルワーク

これは桑名正典さんという方が提唱している方法で白い紙にペンやマジックでグルグル円を描いてその紙をちぎって火をつけて燃やして灰にするという方法です。

 

グルグルワークっていうんだそうです。

 

例えばイヤな人がいるとしますよね。

 

「あいつに言われたことが許せない」とか、

 

そういう思いを浮かべながら紙にグルグルグルグル何回も円状に書きなぐっていくのですね。

 

時間は目安としてだいたい10分か15分くらい。

 

ずーっとグルグルして、紙は何枚でも使って。

 

そしてビリビリと全部引き裂き、ライターかチャッカマンで火をつけて燃やす。

以上終わりです。

 

みよはお皿の上にアルミホイルをかぶせて火をつけています。

 

書きなぐるだけでなく、最後にその紙を燃やすというのが重要だそうです。

 

やり続けていると、なにかサッパリした気分になる時がやってきます。

 

これは何ヶ月か続けてやったらいいと思います。(あるいは、ずっと。)

日々溜まっていく自分の中の負のエネルギーはどこかで浄化しなければいけません。

 

ちょっとやっただけですぐに浄化できるほど、簡単なものでは無くて、人の心の中には負のメモリー、感情が自分でも気が付かないくらいに多く渦巻いています。

 

ですから毎日とか一日おきとかの習慣にしていくと、気が付かないうちにどんどん「軽く」なってくると思いますよ。

 

現象としては、自分に辛く当たっていた人がやさしくなったり、遠くへ転勤したりして縁が無くなったりするとかもあるみたいです。

 

不思議ですね~。

 

何かのカウンセリングを受けたり●●セミナーとか●●メソッドとか高額な費用がかかる複雑な方法はいろいろありますけどこれは簡単だし、理屈抜きで、いいんじゃないかなと思います。

 

火の後始末には気を付けて下さいね!

 

潜在意識の達人 199式 「なせか分からないけど」

なぜか分からないけど

自分が使う言葉によって、願望を達成できるっていうの、よく言いますよね。

 

「私はお金持ちになる」とか「私は理想のパートナーを得る」とか願望を何回も声に出して言うという方法はアファーメーションと呼ばれています。

 

これも効果があるとは思いますけど、みよは199式の「なぜだか分からないけど」というアファーメーションが気に入りました。

 

 

199式とは

 

「199式」とは、匿名掲示板「2ちゃんねる」における登録番号であり、この番号は1999年5月に開設された「2ちゃんねる(現在は5ちゃんねるに改名)」のユーザーが付与されたものです。

なお、この掲示板には幅広い分野の話題が投稿されていることで知られています。

そして、199さんは自身のオリジナルの「アファメーションメソッド」によって自身の人生を大きく変え、多くの人々に勇気と感動を与えることとなりました。

このことから、199さんの「アファメーションメソッド」は広く知られるようになり、「199式アファメーション」と呼ばれることとなりました。

こうした経緯を踏まえると、199式という言葉には多くの人々にとって、特別な意味を持つものとなっています。

 

「なぜか分からないけど〇〇になる」という199式アファーメーション。

これだったら「なぜか分からない」ので潜在意識の抵抗が無いというのです。

 

「なぜか分からないけど理想のパートナーを得る」というように、自分の願望に置き換えて「なぜか分からないけど」を付けるのです。

 

それについて抵抗する心の声が「なんでそんなことがいえるの?」と言ってきても

 

「なぜわからないけど」叶うのです♪

 

朝から晩までずっと言い続けるのですね。

録音していてそれを聞き続けてもかまいません。

 

「なぜか分からないけど〇〇に合格する」

「なぜか分からないけど月収〇〇円になる」

「なぜか分からないけどモテモテになる」

 

この方法も様々な成功体験が多くあります、

 

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。サブリミナルブレイン

毎日朝と寝る前に10回書くと3か月後に環境が変わる方法

朝と晩書く

次は朝と寝る前に紙に書く方法です。

「私はあらゆる面でますますよくなっています」という言葉を10回書く。

そして自分の願望を短い文にして10回書く。

それを声に出して読む。

 

「後は普段通り生活していたら3か月くらい経ったら環境が変わってくるから」ということです。

これを聞いても実際にやる人は100人中2,3人なのだそうです。

 

「でもこれをやり続けた人は絶対に成功するよ」

と、教えてくれた月収1000万円の方は言われたそうです。

 

断言法 スコット・アダムス 体験談

「断言法」という引き寄せメソッドがあります。

これは潜在意識を活用して、自分が叶えたい夢や目標を実現するための方法です。
アメリカの漫画家スコット・アダムスが提唱したものが有名です。

 

PR  英和対照で読むディルバートの法則 洋販E‐Jライブラリー/スコットアダムス(著者),小林薫(訳者)

 

実践方法は簡単で、まず叶えたい夢・目標を決めます。

  • 「私、(名前)は○○になる/を達成する/を手に入れる」という形式で15回紙に書く
  • 、「~になりたい」ではなく、「~になる」と断言する形で書く
  • 書いた紙は切り抜いて自分の目につく場所に貼るとより効果的

 

そして、その夢を「私、(名前)は○○になる/を達成する/を手に入れる」という形式で15回紙に書きます。
ただし、「~になりたい」ではなく、「~になる」と断言する形で書きます。

書いた紙は切り抜いて自分の目につく場所に貼るとより効果的です。

 

スコットアダムスの断言法

この方法で、スコット・アダムス自身もいくつかの夢を叶えてきました。

彼は、浴室の鏡、冷蔵庫、パソコン、電話、車のサンバイザーなど、自分の目につく場所に紙を貼って実践していたそうです。

 

スコット・アダムスは、

スコットアダムスの断言法
「断言法とは、自分の叶えたい夢を毎日15回書き出すことである。
すると、魔法のような偶然が重なり、すべての障害をはねのけて夢を叶えてしまうのだ」

 

と語っています。

この方法を試してみることで、自分が叶えたい夢や目標を実現するための力が引き出されるかもしれません。

スコット・アダムス氏は、漫画『ディルバート』で世間に知られる成功を収める前からも、断言法という奇跡とも思える方法を使って、壮大な夢を実現していたといいます。

 

スコット・アダムスの断言法との出会い

彼が達成した夢は、努力や技能、経験だけでは説明しがたいものだったといいます。

スコット・アダムス氏が断言法に出会ったのは20代の頃だそうです。

当時、彼は興味本位で参加した催眠術のセミナーで、叶えたい夢を毎日15回紙に書くと、不思議と偶然が重なって叶うという女性と出会いました。

 

スコット・アダムス きっかけ

当初は疑っていたスコット氏だったが、「やってみるだけなら無料だし」と思い、やってみることにしたのです。
その女性はMENSAという、国際的な選抜団体のメンバーであることもその理由でした。

 

断言法 で 株で儲ける

スコット氏が最初に書いたのは、自分には興味のなかった株式投資でした。

当時、株式投資や証券会社のことは全く知らなかったスコット氏でしたが、彼が断言法を始めて数日後、深夜に突然「クライスラーの株を買わなければならない」という思いが頭をよぎったといいます。

ただ、疑う気持ちもあった上、彼自身、新聞やテレビの情報で同社の事業が低迷していることは知っていました。

結局、口座開設までには数週間かかったスコット氏ですが、その間に何が起こったかというと。。

20%もの株価上昇だったのです。

 

タイミングを逃した彼ですが、もう一度「株で儲ける」と紙に書いてみることに決めたのです。

ある日、スコットは偶然目にした新聞記事でアスクコンピューターという会社に興味を持ち、即座に1000ドル分の株を購入しました。

その結果、約1週間で株価が10%上昇し、彼は100ドルの利益を得ることができました。
この出来事から、スコットは断言法の効果を信じるようになりました。

 

断言法 で 試験 に 合格 思った通りのスコア

彼はさらに、大学のMBA課程を受講するために必要なGMAT試験のスコアアップに焦点を当てました。

前年は77点で落ちたため、80点台後半から90点前後の合格ラインをクリアするためには10点以上のスコアアップが必要でした。

そこで、スコットは「94点を取る」という具体的なゴールを設定し、断言法を用い、また、視覚化の手法も取り入れました。

具体的には、試験結果の通知書に印刷された「94点」という数字が目の前に見えるようにリアルに想像することでした。

スコットは前年に同じ試験を受けていたため、通知書のデザインやスコアの印字場所を知っており、そのイメージをクリアに描くことができました。

試験当日、スコットはあまり手ごたえを感じられなかったものの、自己採点をしてみると前年と同等のスコアでした。

しかしながら、彼は結果が届くまで、断言法と視覚化の手法を続けることで自己暗示をかけ続けました。

 

そして数日後、スコットはテスト結果通知を受け取り、驚くべきことに、彼が繰り返しイメージした通りの94点で合格したことが書かれていました。

最初は信じられず、何度も通知書を見返したというスコットですが、自己暗示が成功したことを実感しました。

 

サブリミナル効果で潜在意識に働きかける

断言法  スコット・アダムス 体験談 2

 

スコットアダムスの断言法

断言法による魔法のような偶然

スコット・アダムスは、成功体験から断言法に強い確信を持ちました。

彼はその後も、夢や目標を次々と叶えるために、断言法をフル活用していきました。

彼が紙に夢や目標を書き出すだけで現実化するという魔法のような偶然があると、彼は断言法を信じています。

例えば、彼が本業である漫画家になりたいと思った時、偶然そのテレビ番組を見たことがきっかけで、彼は漫画家になるための書籍や情報を知ることができました。

その後、彼は毎日15回、自分が漫画家になると断言する文章を書き続けました。

そして、1989年に彼の作品”Dilbert”が初めて新聞に掲載され、彼の漫画家デビューを果たしました。

この断言法を続けていくことで、Dilbertは世界的な人気作品となり、掲載紙数は57か国、19の言語で2000以上になりました。

 

彼は、断言法がいくつもの出来事が積み重なって奇跡的な出来事を作り出すのではなく、機会に気付く能力を向上させる効果があると考えています。

 

断言法を実行したことで、その機会がラッキーな偶然に見えるのだと彼は言います。

 

私たちは日々、さまざまな目標や夢を持っています。

しかし、その目標を達成するためには、どのようなアプローチが最も効果的なのでしょうか?

 

断言法による奇跡的な結果の半分が、実は私たちが重要な何かに気付いたことがきっかけとなっていると言われています。

断言法が前向きさを引き出すのか、それとも前向きな人が断言法を続けるのかはわかりませんが、確かなのは、断言法をしている人の方が悲観的な人よりもチャンスに気付きやすいということです。

 

また、スコット氏は、

紙に書く回数は15回が絶対ではなく、10回でも20回でも好きなだけ書けばいい。書いた紙をとっておく必要もないし、紙ではなくパソコンでタイプしてもかまわない」

と語っています。

 

断言法 タイプ)

 

重要なのは、自分の願望の達成に必要な情報だけを世の中から脳が拾うことです。

 

脳に何度も言葉をインプットすると、それらの言葉はさらに頭に残りやすくなります。

そこで、自分自身の夢や目標に向かって常にアンテナを張っておくことが重要だと、スコット氏は述べています。

 

そして、断言的な言葉を使うことで、自分の夢や目標に向かっての意識を深め、潜在意識に定着させます

 

そうすることで、小さな機会やラッキーな偶然が目の前に現れたときに、それを素早く見つけることができます。

つまり、スコット氏は、

自分の夢や目標に向かって常にアンテナを張り、チャンスを逃さないようにすることが大切だ

と述べています。

 

スコットアダムスの 断言法 を実践した人たちのリアルな 体験談

実践者の声を紹介します。

513 :本当にあった怖い名無し:2009/03/23(月) 06:15:04 ID:B9wf5Qfo0
>>475
>>487

「私○○は臨時収入を得る」
で臨時収入きたよ。金額は指定してない。
ちなみに、書き続けていると、ちょこちょこと入ってくるので、
これは毎日書き続ける定番にしようかと思っている。

132 :本当にあった怖い名無し:
2007/12/22(土) 22:30:48 ID:BSeHpmtt0
>>130
自分の場合、リアルに想像できる範囲じゃないと叶いにくいみたい。

断言法を始めた頃は、「大金」とか「年収1億円」とか書いてたんだけど、
その後「月収50万円」と書いたらすんなり叶った。
達成したから、つぎに「月収100万円」と書いてみたら、それも叶いそうになってる。

とくに視覚化はしていないけど、スコットがいう「視覚化できる目標」は
そのことを言っているんじゃないかと思っているよ。

 

 

 

676 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/10/20(土) 23:49:26 ID:QSsbLcZi0
>>675
自分は断言法で父親(55歳)を正社員にさせたから
焦らなくても君なら大丈夫

”私○○は”抜きで、「父が楽しく働く、職に就いたと耳する、
満足いく生活をしている」
この3つ内1つをランダムで週3、4日ぐらい、1回につき5~15回を手書きしてた
期間は約2、3週間しかやってない(事情により打ち切り)、それから1ヶ月経過
した頃願望達成
その頃には頭の片隅にはあるけど普段思い出さない事柄になってしまった

744 :本当にあった怖い名無し:2009/06/29(月) 16:45:48 ID:gMEe8rqMO
私は、携帯でコピペを繰り返して1日に15回願い事を書いて(打って)いたん
ですが
1ヶ月程で効果が出ました。
大金が手に入る→totoBIGで2等当選。
詳しくは言えないのですが、信じられないような効果です。
イメージングや込める思いの強さは関係無いと思います。

 

31 :本当にあった怖い名無し:2008/03/07(金) 16:35:52 ID:rquIz06x0
断言法書いて1ヶ月弱で叶いました!
ある会社から17万盗られたんですが、
「○○から17万全額払い戻しされる」と書きました。
無事全額払い戻しされました!!(・∀・)
断言法すごい!

 

404 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 00:32:38 ID:EvJupys5O
「私、○○は○○(特定人物)と最高に幸せな恋人同士になる」
と書き続け数ヶ月後、有り得ない状況だったのにその人から告白された。
完全に特定人物にして書き続けたけど叶ったよ。
わたしからは何のアクションも起こしてません。
書き続けてたら偶然がどんどん重なって来たから凄い。

554 :本当にあった怖い名無し:2009/02/03(火) 18:48:17 ID:Sb8ODsL00
そういえば、このスレ見てて思い出したんだが断言法で願望が叶った。
恋愛でかなり悩んでたとき、
「私は理想の男性と幸せなお付き合いをする」
「私は理想の男性から積極的にアプローチされて幸せなお付き合いをする」
と、一日5回~10回ほどノートに手書きで書いてた。5日間くらい。

考えてみたら、最後にこの断言をしてから一週間後に今の彼氏と出会った。
本当に人間として素晴らしい人で、私の理想そのもの。
来年には入籍予定。

 

断言法を試すのに必要なのは、紙とペンだけ。

 

お金も覚悟も必要なく、リスクもありません。

是非、試してみてください。

 

「ある」ということを腑に落とす

コップ半分の水がある

「ある」ということにフォーカスしていれば衝動買いや無駄使い、空回り、などが無くなるようです。

物を購入するのでも

「本当に必要だから」買う。

「本当に自分に心地よくて好きなものだから」買う。

というのに変わっていくそうです。

 

今「ある」ものにフォーカスしてそれを自分の世界の中で広げていくという方法です。

方法というのか、これこそ真実とでもいうのでしょうか。

願望とかっていうのも今「ない」からそれを望むのですよね?

いくらモノやお金が有り余っていてもまだ「無い」人もいます。

 

「ある」のか「無い」のか、どちらにフォーカスするのかということなのです。

この「ある」ということにフォーカスするのはある程度練習がいるようです。

あまりにも「無い」に目が向くように世の中が作られているのでラットレースから抜けきれないのだということです。

誰でもいつかどこかで聞いたことがあるようなことなのですが、例えば水がコップに半分あるとして、半分水が「ある」のですが、半分は「無い」のですよね。

でもフォーカスするものが現実化されて増えていくのです。

「ある」というのは当たり前だと思っていることが多いと思います。

 

けれどその「ある」ものを数える、認識していくということをどんどんやりだすと、「ある」状態から行動するので、更に「ある」状態になるのだというのですね。

 

「無い」という感覚からいろいろなことに手を出したりするのではなく、「ある」からスタートするのでよけいに「ある」が増えて満たされていく。

そしてますます「ある」がリアルになっていく。

 

フォーカスしていることが現象化されるのです。

「ある」を数えること。

「ある」を体感すること。

なんか、なんでもいいそうです。

 

アイロンが「ある」靴が「ある」スマホが「ある」PCが「ある」・・・・

 

みよはちょっとやってみて「ああ!」と思ったのは「家にトイレがある!」と思ったのです。

あなたは当たり前だと思いますか?

 

断言法 体験談 あなたの夢を叶える!驚くほど効果的な願望実現メソッド! まとめ

     

    以上、願望成就を妨げる負のエネルギーの浄化法、言葉による断言法、紙に書く断言法、そして「ある」ということを府に落とす、というものを紹介させて頂きました。

    「ある」というのは今回の紹介例のことだけではなく、「現実にはまだ存在していないけれど、目に見えてない世界では既にあるのだ。」という概念もあるようです。

    いずれも、効果があったという体験談が非常に多い方法です。

    あなたの願望を叶えるための参考になれば幸いです。

     

     

    PR 【無料】『ネット』に置く月15万円の自動販売機への扉

     

     

    みよより

    ※ただいま、みよから無料プレゼント配布中です。

    『スマホで稼ぐ!初心者でも月10万以上稼げます!』

    メルマガ登録していただきますと、無料プレゼント内容記事の鍵付きURLのPASSワードを送らせて頂きます。

    記事内最後部分の「あるところ」へ無料登録して条件を満たしていただくと、クオカード 1000円 のプレゼントがあります^^

     

     

    私が稼いだ方法教えてます♪

    おすすめの記事