スマホ物販ビジネス ワンストップ合同会社  中野太郎 再現性は?
現在無料配布中♪(私が稼いだ方法)

 

みよ
みよ
今回は「ワンストップ合同会社」のスマホ物販ビジネスについてです。
スマホを使用して容易に収益をあげることが出来ると宣伝されているね。
知恵ネコ
知恵ネコ

みよ
みよ
でも、どのように収益が生み出せるのか説明無しで以下の登録を促されることになります。

特定の個人やアカウントとのLINE友達追加

スマホ物販ビジネス ワンストップ合同会社 中野太郎

ワンストップ合同会社(中野太郎) スマホ物販ビジネス

引用元 https://sma-flo.com/ltv/

スマホ物販ビジネスの問題点

 

スマホ物販ビジネスの内容には以下の問題点があります。

スマホ物販ビジネスの内容は、スマホだけで物販ビジネスを行い簡単に収益を上げる方ですが、正直言ってその意味がよくわかりません。

じっくり考えてみましょう。

そんなに簡単に稼げる作業があるでしょうか?

 

儲かる商品は、ツールだけでは手に入りません。

そのツールを利用した人たちが同じ商品を同じ販路(メルカリ、ヤフオク、アマゾンなど)に出品することで、すぐに利益が減ってしまいます。

 

儲かる商品のリストは誰でも手に入るということは、競争が激化しすぐに利益が減る可能性があるということです。

 

ツールに頼って商品のリサーチをする場合は、以下のデメリットがあります。

この商品が一般的に販売され、利用者が増えるほど、同じような商品が同じ販路で売られるため、最終的に利益が減っていく可能性があること。

 

商品の仕入れ先が限られている場合、仕入れ先の利用者が増えると、そのシステムを使う全ての人が収益を上げられなくなるという矛盾が生じます。

 

もし物販で収益を上げたいのであれば、独自の仕入れ先やツールを開発し、他の販売者と差別化を図る必要があります。

 

また、継続的な仕入れができない可能性があるため、予想していた収益を確保できないことも考えられます。

 

さらに、このビジネスに多額の広告費をかけて宣伝している場合、最終的には高額なコンサルティング料金がかかるだけでなく、多くの人がその広告を見て同じ方法を実践するため、簡単な方法ほど収益が減っていくことになります。

 

つまり、スマホ物販ビジネスは、簡単に収益を上げられるという謳い文句で情報商材やコンサルティングを販売するだけの内容と考えられます。

 

スマホ物販ビジネス 特定商取引法に基づく表記

販売者 ワンストップ合同会社
統括責任者名 中野太郎
所在地 東京都千代田区神田須田町1-7-1
電話番号 080-7855-8075
Eメール jt82@outlook.jp

 

消費者庁の注意喚起

注意喚起 消費庁

消費者庁が注意喚起しています。

無在庫での転売ビジネスのノウハウを提供するなどとうたい、多額の金銭を消費者に支払わせる事業者に関する相談が、各地の消費生活センター等に数多く寄せられています。

消費者庁 https://www.caa.go.jp/notice/entry/024011/

 

スマホ物販ビジネス ワンストップ合同会社 中野太郎 まとめ

 

物販ビジネスに限らずですが、高額なコンサル料金を請求された時点で、考えるべきだと思います。

むしろ、そのコンサル料金の代金で仕入れしたほうがよいです。

それなら失敗してもまだ仕入れした商品は残っているのですからね。

 

みよ
みよ
スマホ物販ビジネスは、みよはあなたにはおすすめできません。

 

 

 

CHATGPTのエンジンを使ったAIを使い、あなたの限界を超えて収益化を実現する!!

 

 

私が稼いだ方法教えてます♪

おすすめの記事